network

openwrt

投稿日:2017年8月5日 更新日:

故あってDD-WRTからopenwrtに乗り換えていじり始めた。
DD-WRTをリピータにし、さらにネットワークを2つに分離するという高度な運用をしていたが、ある事情から、別の configulation が必要になったのだ。
使用しているのは現役を引退していたbuffaloの WZR-HP-AG300Hである。このモデルは、DD-WRT, openwrt ともにわりとウエブ上で情報が得やすいポピュラーなモデルといえる。
そのおかげで、今日も助けられることになった。

ヘッドレスのネットワーク機器をいじっていて最悪なのは、interface の設定をミスってしまい、アクセスが不能になることだ。機器の中で何が起きているのか、伺い知ることが非常に困難である。そのため結局初期化するしかない、といった事態に陥ることがしばしばある。

さて今日もやってしまった。
これ以外にないはずなんだが、というIPアドレスでアクセスしようとしても、全くなしのつぶて。これは初期化かー、とブルーになっていたところに見つけた記事。

Chaos Calmer 15.05の場合は以下のような手順を踏むと良い.
ルータの電源を切る
WANポートにつながっているケーブルを外す
マシンのNICのIPアドレスを 192.168.1.2/24 に設定し,デフォルトゲートウェイを 192.168.1.1 に設定する
マシンとルータを有線で繋ぐ
ルータに電源を入れる
赤いLEDが点滅しはじめたらルータのリセットボタンを押す (長押し?)
赤いLEDの点滅が高速になったらfailsafe modeに入っているということなので telnet 192.168.1.1 でルータに入って以下のコマンドを流し込む
mount_root ## ファイルを読み書き出来るようにマウントしなおす
mtd -r erase rootfs_data ## firstbootとreboot -fの代替.しばらく待つと自動で再起動される

なんとか命拾いした。







-network

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

freeradius

前回からの続きで、まだwi-fiの設定をいじっている。 openwrtにfreeradiusを入れようとしていろいろ苦労したが、なかなかうまくいかない。生半可な知識で乗り切ろうとするからだろう。 AP …

PREV
KATOKU
NEXT
freeradius